トラックはレンタルや新車購入よりも中古車購入がお得

荷台のある新しい車を購入しようと考えた時に、新車にこだわらないのであれば、最もメリット多いのは新車ではなく中古トラックです。
一般的に考えたら新車が1番良いイメージがありますし、レンタルをしても問題がないと考えます。
それぞれに利用の利点はありますは、中古を購入することで最大の良い点は、何よりも購入コストを大幅に抑えられるからです。
新車での購入はやはり高額になりますが、中古になると一気に購入価格が下がるので、購入時の費用は大幅に下げての購入ができます。
大型の新車購入をする際に自動車販売会社との交渉で数百万円の値引きに成功をしても、それでも新車の場合は軽く1500万円くらいはしますので、どう考えても新車だと高額です。
値引き交渉を頑張っても高額商品には違いがありませんので、値引きをしないでそのままの定価で購入をしたら、さらに高額の支払いが待っています。
レンタカーの利用であれば費用は安く抑えることができると考えがちですが、まずレンタカー業者により利用金額はかなり差があるのも現状です。

期間的に5年間のリース契約を2トントラックで行った場合だと、1ヵ月のリース契約料金の相場は70000万円くらいになります。
5年間のリース契約で10トンサイズを利用したら、270000円くらいがひと月でかかる計算であり、新車購入よりも費用は低いとはいえ安くはないです。
しかし中古商品の販売か買うをチェックしてみると、かなり販売価格が抑えられているケースが多く、中古で4トンサイズであれば220万円くらいで入手をすることもできます。
新車での購入で値引きを頑張ってしてもらっても、金額的には1千万はする車であろうとも、中古商品であれば200万円程度で購入可能なのですから、中古をチェックしない手はありません。
レンタルであっても月額は7万円以上はしますので、無理して新車購入をしたり、レンタルするよりも中古トラックを選ぶ方がお得です。