トラックは借りるとワンウェイレンタル手数料も無し

自力引っ越しを試みてトラックを借りてのケースだったら、近距離ならばワンウェイレンタルの手数料もかかることがありません。
専門引っ越し業者への手配無しで行動を起こしますので、引っ越し業者の運転するトラックに、荷物と共に同乗をすることはできないので、一緒に新居へ移動はできないです。
ですが引っ越し業者のドライバーが運転をする車には乗れなくても、自力引っ越しは借りたトラックを自分で運転して、荷物と共に新居へ向かうことができます。
そうなれば車で移動をするための、交通費を業者へ依頼するよりも、大幅にダウンできるので節約できるポイントです。
国内レンタカーの利用システムは借りたレンタカー営業車で車を返却するのが常ですから、もしもほかの営業所へ返却する乗り捨ての場合は、走行距離に応じた手数料が発生をします。
しかしレンタカー会社の中では、近距離であったり、同じ県内間であれば、ワンウェイレンタル手数料を無料設定していることが多いです。

引っ越し先が近い移動の場合であれば、借りた営業所ではなくても、引っ越し先の家から近い営業所へ返却することで完了をします。
車を借りて自力で行動を起こす引っ越しの場合は、引っ越しを専門とする業者が日々行う引っ越し作業を、すべて素人の手で行う引っ越しです。
専門業者に依頼すれば、引っ越し作業に必要なものは一通りそろえてもらうことができますが、素人引っ越しはすべて自分たちで調達をしなければなりません。
引っ越し業者に頼むことで、一定数の段ボール箱や梱包資材、ガムテープなども無料で提供をしてくれるものの、それらの準備もすべて自腹での購入です。
梱包資材の手配も、完全に自分で行いますので、出費と手間暇がかかります。
だからこそいかに時間をかけないで、お金もかけないかの対策も必要であり、段ボールは購入をホームセンターでもできますが、スーパーなどで無料でもらってくることも可能です。
梱包資材のガムテープは、さほど高額商品ではありませんので、それほど出費の痛手にはなりません。